どんな業種の方が使用しているの?

インターネット関連、IT・ソフトウェア、マーケティング、
学習・キャリア、マネー・金融(FP・保険など)、士業(弁護士・税理士など)、
健康・美容・食品・住宅関係・生活一般と幅広いです。

人数比率はそれぞれ5~10%となっており、大きく偏りはありません。
横浜のバーチャルオフィス(横浜 美しが丘の住所)を使いたい方を中心に集客しておりますので、今後も業種も偏らず傾向は変わらないと推測しております。

バーチャルオフィスの会員ってどんな形で仕事している人が多いの?

物販・小売、サービス提供、コンサルティング がそれぞれ2~3割と比較的多いです。
その他は、士業の方、イベント・セミナー形式のお仕事をされている方もいます。

会員の 個人 or 法人 の割合は?

個人:約7割、法人:約3割です。

普段、法人・会社でされている仕事とは別に、個人として入会されている方も多いです。
(副業・新規事業の立ち上げなど)

会員の男女比は?

男性が約6割、女性が約4割です。

セミナー・交流会等のイベント参加者については、日中は女性が多く、夜時間帯は男性が多い傾向にあります。

会員はどの年代の人が多い?

40代:約4割、50代:約3割、30代:約2割の順で多いです。

20代・60代の方も数名います。

横浜の青葉区の人だけ? 他の地域の人もいる?

横浜市青葉区の方は約5割です。その他は
・横浜市他区(都筑区・緑区・戸塚区など):約2割
・他神奈川県内(川崎市・大和市・相模原市など):約2割
・他県:数名
です。

横浜には住んでいないけど、横浜市青葉区・たまプラーザにビジネス拠点を持ちたい・横浜に商圏を広げたいという目的の方もいます。横浜市外の方でも大丈夫です。

利用されているプランが多いのは?

・地域活動応援プラン;約5割
・ライトプラン:約3割
・スタンダードプラン:約2割
です。

私はどのプランにしたらよいの?

下記のような選ばれ方が多いので、参考にしてください。

・地域メディアや他会員に積極的にPRしてほしい → スタンダードプラン
・オフィスとしてフリーデスクを頻繁に使いたい → スタンダードプラン
・法人登記をしたい・オフィス店頭に会社名や屋号を表示したい → ライトプラン
・オフィス前の販売スペースを使いたい:
年に数回→ライトプラン、頻繁に→スタンダードプラン

・まちなかbizあおばの住所で法人登記したい → ライトプラン
・名刺やHP用の住所を使いたい(登記は不要) → 地域活動応援プラン

・横浜で地域交流したい、イベントに参加したい → 地域活動応援プラン

・同一団体で複数名 活動に参加・サービスを活用したい:
2名→ライトプラン、3名→スタンダードプラン