夏太り&ダイエット

ベテラン エステティシャンによる、ダイエットのポイント解説

♥エステサロン「Tribute~トリビュート~」を営まれているベテランのエステティシャンに聞きました!

エステサロン「Tribute~トリビュート~」
AEA上級認定資格を持つプロの施術。オールハンドにこだわった結果重視のプライベートサロン。

夏は汗を沢山かくし、代謝も上がった気がし、太らないような気がしやすい季節ですが、夏痩せするより夏太りする方が多いのです

 炭酸飲料・冷たい飲料を飲む → 水分摂取は脱水予防に大切ですが、カロリーを忘れがち。500mlのペットボトルには角砂糖15個入っていると言われています。 おやつを我慢しても炭酸飲料を毎日飲んでいると糖質の摂りすぎになります。

 外食が増える → ビアガーデンやお酒を飲む機会も増え、アルコールには食欲を増進する働きがあるので、おつまみには味の濃い塩分量多めでカロリーの高いものを好みやすくなります。 夜な夜な深夜まで飲食してると太りやすくなってしまします。

 夏冷え → 電車やオフィスのクーラーが効きすぎて身体が冷えやすいのです。夏は薄着なので冷え対策がおろそかになります。冷えれば代謝が落ちますので太りやすい状態なのです。

 シャワーのみ → 夏は入浴をさけ、シャワーだけで済ませがちになります。上記でお伝えしたように内臓から冷えやすく太りやすくなりますので、お湯に浸かり身体を温める習慣をつけましょう。 自律神経も乱れがちになる夏の入浴は自律神経を整え良い睡眠をとる事にも繋がります。

 体力温存 → 暑くて動きたくなくない、汗をかきたくない、怠け心が芽生えるのでダラダラ過ごしがちになります。怠け癖をつけないよう屋内で無理のない程度でこまめに体を動かしましょう。

<ダイエット中に食べたい夏野菜をご紹介!!>

 ナス → ナスは水分が多い野菜。むくみ予防効果が期待できる、カリウムを豊富に含みます。 ナスの紫色にはアントシアニンが含まれ、この成分によって紫外線などで作られる、活性酸素の働きを抑制する作用があるのでアンチエイジング効果も期待できるのです!

 トウモロコシ → トウモロコシ半分で約100g。100gで99キロカロリーですから、食べごたえのあるおやつになります。 食物繊維が豊富で便秘を予防する効果が期待できるのです。トウモロコシの黄色の色には抗酸化作用の強い、ゼアキサンチンが含まれています。

 リーフレタス → リーフレタスに含まれるビタミンAは皮膚のカサつきを予防し、ビタミンEは抗酸化作用が期待でき、ビ タミンKは骨を丈夫にしてくれます。 100g、9kcalと低カロリーので、安心して食べられる野菜です。

 💡 暑い夏は、野菜をたっぷり取ることで、不足しがちな水分も補えて、食べ過ぎも予防できます。
ダイエットのサポート役として上手に利用しましょう。 夏は痩せやすいと思っていると、夏太りしてしまうかもしれません。 ”夏は太りやすい季節”と心に留めておきましょう。

関連記事

おすすめサロン・メニュー

田園都市線の駅

専門家による美容コラム

PAGE TOP